債務整理したら連帯保証人は?※自己破産費用まとめ

債務整理したら連帯保証人は?※自己破産費用まとめ

債務整理したら連帯保証人は?※自己破産費用まとめ

消費者金融や銀行のカードローン、自動車や住宅ローンなどの借金を何らかの理由で返済できなくなってしまった際に、法的に借金を減額したり全額免除してもらう手続きを総称して債務整理といいます。債務整理には、裁判所を通して借金を減額して、3年間の分割払いで全額返済を目指す「個人再生」、裁判所を通さずに弁護士が債権者に直接交渉して借金の減額を要求する「任意整理」、そして裁判所を通して借金を全額免除してもらう「自己破産」の3種類があります。借金の総額や、今後の収入の見込みなどによって、自分に最も合った債務整理を行うのが一般的ですが、連帯保証人が付いている借金の債務整理を行った場合は、連帯保証人に返済の義務が生じます。通常の保証人と異なり、連帯保証人も借りた本人と同じ扱いを受けるため、お金を借りた本人が借金を返済できなくなった場合は、本人と同時に借金の返済請求が行われるのです。連帯保証人付きの借金は、お金を借りた本人が自己破産しても借金が全額免除されるわけではなく、連帯保証人が代わりに借金を返済しなければなりません。連帯保証人は、原則として分割での返済は認められず、残った借金は全て一括返済しなければならなくなります。一括返済が出来ない場合は、やむを得ず債務整理を行うしか方法はありません。借金の連帯保証人になる時には、万が一借りた本人が借金を返済できなくなった時は、自分自身が全責任を取る覚悟で引き受けましょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理したら連帯保証人は?※自己破産費用まとめ関連ページ