債務整理を依頼する弁護士の費用はどのくらいかかる?

債務整理を依頼する弁護士の費用はどのくらいかかる?

債務整理を依頼する弁護士の費用はどのくらいかかる?

「債務整理とは何か」と問われた人の多くは、「債務整理とは自己破産のこと」と答えるのではないでしょうか。しかし、これは正解ではありません。
債務整理とは、主に、「任意整理」、「民事再生」、「自己破産」の法律に基づく3種類の手続きのことをいい、それぞれの種類に明確な違いがあります。

まず、毎月安定した収入があって元金の返済が可能である場合に選択されるのが「任意整理」という方法です。
任意整理は、他の2種類と違い、裁判所を通さずに弁護士(司法書士)が債権者と債務者の間に入って民事で交渉し、債権者に利息の免除をしてもらう手続きです。
民事再生は持ち家を手放したくない場合の用いられる方法で、民事再生法に基いて裁判所に申請し、法的な手続きを経た後に借金が大幅に減額されます。
民事再生では、債務残高に応じて原則3年間で住宅ローン以外の借金総額の5分の1~10分の1(最低100万円以上)を支払うことになりますが、住宅や自動車などの財産は残るので生活再建がしやすいのが特長です。
一方、自己破産は、裁判所に所定の手続きを行い、借金を帳消し(免責)にしてもらう方法で、どうしても返せないほどの借金を抱えてしまった場合の最後の手段といえます。
自己破産すると、家や自動車、不動産などの所有する財産を手放すことになりますが、裁判所に免責の決定を受けると借金がなくなるので、借金の取り立てに怯えずに落ち着いて生活再建に取り組むことができます。

このように、債務整理とは、主に上記の3種類のことをいい、それぞれ違いがありますが、いずれの場合も、信用情報機関のブラックリストに掲載されて約7年間は一切の借金ができなくなります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

債務整理を依頼する弁護士の費用はどのくらいかかる?関連ページ