任意整理したら・・・官報や不安なこと

任意整理したら・・・官報や不安なこと

任意整理したら・・・官報や不安なこと

任意整理は、債務整理のひとつで弁護士または司法書士に依頼して、債権者と交渉し、おおむね将来における金利の支払いを免除してもらうものです。原則としては、元本の返済はし続ける必要がありますが、月々の返済金額を低減することができます。支払いは3年から5年程度かけて行うことになります。
裁判所を通さないので官報に載ることも、法律的なペナルティを受けることはありませんが、任意整理は債務整理と変わらないため、事故情報として信用情報機関に登録されます。いわゆるブラックリスト入りするわけです。そのため債務整理中の間は新規の借り入れを受けることはできませんし、債務整理を行なってから5年間は新規の審査に通ることは不能になります。ただし任意整理はあくまでも債権者の合意が必要なため、債権者が合意しなければ行うことができません。

任意整理後は、再計算された債務を月々に支払うことになりますが、自己破産後や個人再生後と異なり特定の職業に付けなくなるといったペナルティはありません。ただ金融機関や消費者金融などからは新規の借り入れなどは行えなくなるため、銀行のローンなどが組めないなどのデメリットがあります。またクレジットカードも作ることができないため、債務整理後は無借金の生活を送る必要があります。一方で、銀行口座などは影響を受けないので公共料金の口座引き落としも行えます。また総合口座で定期預金をしている場合には、それを担保にした貸付けを受けることができます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理したら・・・官報や不安なこと関連ページ