任意整理の条件は?-早期解決したい人必見-

任意整理の条件は?-早期解決したい人必見-

任意整理の条件は?-早期解決したい人必見-

任意整理は債務整理の手法の中でも、多くの財産の保有権を残したまま債務整理を行えるものとして知られています。
そのため比較的少額の債務を整理するというような場合にはよく選択される方法となっているのですが、この任意整理は誰でも行えるものではないということは事前に把握しておかなくてはなりません。
それでは任意整理を行うためには、どういった条件があるのでしょうか。
この条件については、大きく分けて二つのものが存在しています。
まず一つ目の条件となるのが「返済していくだけの安定した収入が確保されている」ということです。
任意整理はそもそも「返済条件を見直すことによって、債権者は貸し倒れになることを防ぎ、債務者は返済可能な予定を組む」ということが目的になっています。
そのためそもそも返済ができないような状況、つまり収入が大きく減少していたり、失業によって無収入になっているというような場合には、任意整理を行うことはできません。
もう一つの条件となるのが「返済の意思がある」ということです。
例えば債務の契約がされたのち、すぐに任意整理を申し出るようなことになると、それは元々「債務の契約を履行する気が無かった」として考えられてしまいます。
このほかにも何らかの条件で返済の意思が疑われるというようなことになったのであれば、任意整理を行うことは非常に困難となります。
少額の債務整理には最適の方法となるのですが、行うことを考えるのであれば、まず自身が条件を満たしているかどうかを熟慮するようにしましょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の条件は?-早期解決したい人必見-関連ページ