任意整理の保証人の影響について※減額可能か無料相談も

任意整理の保証人の影響について※減額可能か無料相談も

任意整理の保証人の影響について※減額可能か無料相談も

任意整理は債務で苦しんでいる人にとって、その苦しみから解放されるための手段となっています。
この人整理を行うことができれば、法的な手続きによって合法的に債務を軽減したり、場合によっては裁判所の許可を得た上で免除してもらい、人生の再スタートをはかれるようになるのです。
しかしこの任意整理は、いくら合法的な手段であるとはいえ、事前に合意していた債務の契約を変更するというものに他なりません。
そのため任意整理の方法によっては、自分ではない他人などに迷惑がかかることもあり得るのです。
特に注意したいのが債務の契約時に「保証人」を立てていた場合です。
保証人とは債務契約を結ぶ際に債務者、つまりお金を借りる人に信用が足りないと判断された際、お金を貸す側である債権者の要望によって立てられるものです。
保証人はその役割として「債務を保証する」というものがありますから、万が一債務者が返済不能に陥った場合、債務者に代わって返済をしなくてはらないという義務があるのです。
ですからいかに任意整理が合法的な手段であるとはいえ、任意整理後にその返済の義務が保証人に移るということが十分にあり得るのです。
もし債務者が返済不能に陥り、任意整理をしなくてはならないというようなことになってしまった場合には、必ず手続きを始めるより先に保証人に対して伝えるようにしましょう。
保証人になるということは大変な責任を負うことです。
最初に保証人になってもらった以上は、迷惑をかけないようにしっかりと注意しましょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の保証人の影響について※減額可能か無料相談も関連ページ