個人再生とで養育費も減額可能?※借金返済で困ったら

個人再生とで養育費も減額可能?※借金返済で困ったら

個人再生とで養育費も減額可能?※借金返済で困ったら

個人再生は借金をどうしても返済しきれなくて生活をしていくのに支障が出てしまった時に救済措置として行われるものです。個人再生では弁護士か司法書士に依頼をすることが多いです。そして借金の一部を免除にしてもらい、残額を原則として3年かけて返済をしていくものです。しかし個人再生をする場合、自己破産とは違って全てのものを免除にできるわけではありません。養育費や住宅ローンなどは整理できませんので、今までと同じように支払い続けていく必要があります。もし養育費の支払いで未納になっている金額がある時には個人再生で返済している期間中は滞納している分の一部を分割して支払うことになります。残りの滞納分については3年間の返済期間が終了してから支払います。もちろん残額全てを支払わなくてはいけませんから、借金の返済とは別に専用に積立をしておく必要があります。またこの3年間の返済期間中であっても決められている養育費は減額されるわけではありませんので、毎月きちんと支払って行く義務があります。分割して支払うことができるのはあくまで滞納してしまった分の金額なのです。個人再生の書類にはこの養育費の滞納分も債権者一覧表に載せることとなります。弁済期間中に支払っていく養育費の滞納分の計算は滞納している養育費の総額に再生計画案による返済率をかけた金額です。それを3年間に分割して支払っていくというわけです。このように計算して毎月必要な金額を出しておけば、再生後に滞納養育費の残金がいくらあり、そのためにどれほど積立てておく必要があるのかがわかります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生とで養育費も減額可能?※借金返済で困ったら関連ページ