個人再生と我が家※自己破産で困ったら無料相談で

個人再生と我が家※自己破産で困ったら無料相談で

個人再生と我が家※自己破産で困ったら無料相談で

債務整理の一種である「個人再生」の最も大きな特徴は、「我が家」を残せるということです。通常、債務整理を行う場合、ローンの残っている物に関しては債権者が回収することになりますが、個人再生では住宅には手がつけられません。しかしその代わりに、住宅ローンは整理の対象にならないため、従来通りの返済を継続しなければなりません。

そして、個人再生では最低弁済額が設定されていることも特徴になっています。債務が100万円以下の場合の減額はありませんが、債務が100万円~500万円以下では最低弁済額は100万円、500万円~1,500万円以下では債務額の5分の1、1,500万円~3,000万円以下では300万円、3,000万円~5,000万円以下では債務額の10分の1になっています。

ただし、車や家財など、保有している財産の現在の価値が弁済額よりも高額な場合は、上回った額の分を加えて弁済しなければなりません。これを「清算価値保障の原則」と言います。例えば、債務額が400万円の人の場合は最低弁済額が100万円になりますが、現在の評価額が120万円の車を所有していると、弁済額を上回った20万円が弁済額に加えられることになります。

ちなみに、個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生という2種類があり、給与所得者等再生では前記の最低弁済額と可処分所得の2年分のいずれか高い金額を返済することになります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生と我が家※自己破産で困ったら無料相談で関連ページ