個人再生についての手続き※自己破産ができる最低条件とは?

個人再生についての手続き※自己破産ができる最低条件とは?

個人再生についての手続き※自己破産ができる最低条件とは?

個人再生は借金が多くなり返済できなくなった際に弁護士などの力を借りて自己破産せずに借金を整理する方法です。個人再生には段階があり、最終的に借金が少なくなるかもしれませんが、返済期間が長くして自己破産や民事再生をせずに済ませる方も多いようです。ただ、借入額が多すぎると判断されれば自己破産や民事再生手続きになることもあります。個人再生としては個人でやることはほとんどなく、弁護士などの力を借りるわけですが、弁護士が受任してから実際に借金が整理されて、個人再生ができるまでおよそ半年から1年以上はかかると言われています。この期間は主に債権について話し合いが弁護士と債権者との間で行われます。期間が長いと思われるかもしれませんが、借金が払えないほど多額になっている方の多くが借金をしている件数も多いため、一つづつ確認していくことになるので時間はどうしてもかかることが多いようです。裁判所の手続きになる自己破産をせずに整理する場合には債権者のみとの話し合いなのであまりモメることはないようですが、事務手続きだけでもかなり掛かると言われています。この間、依頼人は通常通り生活が可能です。ただし、一部購入品については返還を求められたり、債権について確認作業が弁護士との間で行われますが、仕事も学校もそのまま行えることがほとんどです。住宅ローンについては問題ないことが多いですが車については返還を求められることになることも多いようです

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生についての手続き※自己破産ができる最低条件とは?関連ページ