個人再生の必要書類※失敗しない債務整理のために

個人再生の必要書類※失敗しない債務整理のために

個人再生の必要書類※失敗しない債務整理のために

個人再生ではいくつもの書類を作成して提出しなければいけません。個人でできないこともありませんが、そろえるべき書類も多く、また様々な書式があるので書類を作成するのにも時間が必要です。個人再生はできるだけ早く行なったほうが有利ですから、できるならプロである弁護士や司法書士に依頼するほうがオススメです。どちらを選択するかは何を重視するかによっても変わります。弁護士であれば代理人として裁判所とのやりとりなど全般的に任せることが可能ですが、依頼費用はやはりそれなりに高くなります。司法書士の場合、弁護士と比べるとできることは少なくはなりますが、費用はかなりリーズナブルになります。

個人再生する時にはまず委任状を作成し、提出しますが、その後で様々な書類を作る必要があります。その中の1つが裁判所に提出する個人再生手続き開始の申立て書です。この書類には収入印紙を貼る必要があります。書式はそれほど難しいものではありません。裁判所のどこにあてたものかということを記し、横に日付を書きます。あとは申立て人の現在の住所、連絡先、ファックスがあればその番号、住民票上の住所、申立て人の氏名と捺印、生年月日、もし現住所とは違う場所で裁判所からの書類を受け取りたければその住所を書きます。次に申立代理人の氏名と捺印、事務所の住所や電話番号、ファックス番号などを書きます。その下には印紙代がいくらで郵券がいくらなど書く場所があり、その右横には受付印を押す場所を作ります。書式は覚えてしまえば作ることは比較的簡単です。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生の必要書類※失敗しない債務整理のために関連ページ