個人再生して失敗した例※不許可にならないために大事なこと

個人再生して失敗した例※不許可にならないために大事なこと

個人再生して失敗した例※不許可にならないために大事なこと

どうしても返済が難しい借金は、債務整理で問題を解決する事が出来ます。

債務整理の中でも特に効果の大きい、自己破産は借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金はゼロになります。
しかし、ギャンブルや浪費といった借金の場合、免責が認められず借金を整理する事が出来ないケースもあるので、注意が必要です。

その点、同じ債務整理でも個人再生はギャンブルや浪費といった借金も整理出来ますし、家もそのまま維持できるのでマイホームを持っている方にメリットが大きくなっています。

自己破産より行いやすい個人再生ですが、どのような場合でも借金を整理できるとは限りません。
中には失敗してしまうケースもあるので、その点は注意しましょう。

個人再生が失敗してしまうケースの1つに、再生計画案が認められないという事が挙げられます。
個人再生は裁判所に申し立てを行い、減額された借金をどのように返済していくかの、計画案を作る必要があります。

この計画案が再生計画案なのですが、あまりに無謀な計画の場合、債権者に認めてもらえず借金を整理出来ない事があるのです。

再生計画案は6つの条件をクリアする必要があります。
色々な条件があるので、再生計画案を自分で作るのが難しいと感じたら、法律のプロである弁護士や司法書士に依頼する事がお勧めです。

弁護士や司法書士にアドバイスをもらいつつ、再生計画案を作成すれば、個人再生が失敗してしまうという事も無いでしょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生して失敗した例※不許可にならないために大事なこと関連ページ