個人再生はどのくらいの期間が必要?※実際の手続きの流れ

個人再生はどのくらいの期間が必要?※実際の手続きの流れ

個人再生はどのくらいの期間が必要?※実際の手続きの流れ

個人再生をするとなると、その後は当然、ブラックリストに掲載されてしまう事になります。そこで気になるのが、クレジットカードは使用することができなくなることですよね。
実際の所、クレジットカードを個人再生後は使用することができなくなってしまうのでしょうか?
個人再生後、クレジットカードは使用することができなくなりますし、また発行するのも難しくなります。当然、クレジットカード会社も相手の信用情報を気にしますから、個人再生後はクレジットカードが使用できなくなってしまいます。
では、どのくらいの期間使用することができなくなってしまうのでしょうか。
基本的には、5年から10年以内で信用情報は抹消されるようになっています。そのため、少なくとも、その間はクレジットカードを利用する事も出来ませんし、発行してもらう事も出来ません。
ですが、クレジットカードを発行してはならないという法律はありません。ですので、絶対に発行できないというわけではないのですが、かなり難しいという事は覚悟しておきましょう。素直に、5年以上何もせずに普通に生活をして時間が経過するのが問題解決の一番の方法ではないでしょうか。
このように、個人再生をしますとカードの発行もできなくなりますし、利用もすることができなくなります。再びカードを使えるようにするためには、時間が経過するまで待たなければなりません。一生涯発行できなくなるというわけではないのでそこは安心しても大丈夫です。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生はどのくらいの期間が必要?※実際の手続きの流れ関連ページ