個人再生したら保証人が払い続けなければいけないの?

個人再生したら保証人が払い続けなければいけないの?

個人再生したら保証人が払い続けなければいけないの?

個人再生の失敗の具体例で多いのが債権が多すぎることです。個人再生は債権の確認、収入の確認の後に返済計画を立て、債権者の同意が得られれば個人再生が始まることになり、完済を目指すことになります。しかし、収入の割に債権額が多すぎる、債権の件数が多すぎる場合には個人再生のための返済計画が建てられず、失敗となることが多いようです。債権が多すぎて失敗する具体例は大変多く、個人再生で穏便に生活を立て直すことができないかった場合も多いようです。他の失敗の具体例で多いのが収入の激減などによる返済ができなくなった場合です。個人再生を進めると新規のローンが組めなくなりますので月の返済が増えることはほぼないのですが、収入についてはこのご時世ですのでかなり変動してしまう方も少なくないようです。収入が安定していることが個人再生の条件でもあるので返済計画を建てる前には弁護士によって収入のチェックが厳しく行われるのですがどうしても激減してしまったり、病気で長期治療が必要になるなど生活が激変してしまう方も少なくありません。このような場合は返済を諦め、自己破産や民事再生などの各種手続きに変更することもあるようです。借金を穏便に今の生活を変えずに完済をするための方法としてとても魅力的な案ですが、もっとも重要なのは返済の原資である収入です。そのため、弁護士によっては保証人を求めることも多くなってきており、夫婦や家族が保証人として対応することも多くなってきています

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生したら保証人が払い続けなければいけないの?関連ページ