自己破産すると官報に載るってホント?※簡単!解説ガイド

自己破産すると官報に載るってホント?※簡単!解説ガイド

自己破産すると官報に載るってホント?※簡単!解説ガイド

お金を借りてどうしても返済できない場合は、返済計画をまず見直すことになります。それでも返済が難しい場合は、債務整理を行うことになりますが、この場合は、大きく分けて任意整理か自己破産かとなります。任意整理は、一定の期間内で債務を分割返済する方法で、定収入があったり、家財道具や車を売却できる場合にはこの方法がお勧めです。一方自己破産は、売却できるものがなく、収入が少ない人に向いています。
任意整理または自己破産のいずれかを行った場合は、その人の信用情報に事故情報が付きますので、その後しばらくはローンを組んだり、クレジットカードを作ったりができない状態になります。任意整理は大体5年間、自己破産は免責が下りてから大体7年間が経過すると、元通りにローンもクレジットカードも可能な状態になります。しかし、信用機関によって期間はまちまちなことがあり、たとえば銀行系の信用情報機関は、自己破産の場合は10年間ブラックとして登録されるため、その間は銀行では、借入もクレジットカードの申込もできないということもあります。このような場合は、信用情報機関に連絡を取って、自分の情報を閲覧してみるといいでしょう。
また、自己破産をした場合は、裁判所を通して行われるため、官報に氏名が掲載されます。しかし、このような情報を閲覧する人は限られるため、特に心配することはありません。ただし、闇金業者がこの情報を見て、連絡をしてくることがあります。闇金は違法業者で高金利でお金を貸し、返済できない時の取立てが厳しいため、絶対に利用しないようにしてください。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産すると官報に載るってホント?※簡単!解説ガイド関連ページ