自己破産で同時廃止になった場合・管財事件になった場合の違い

自己破産で同時廃止になった場合・管財事件になった場合の違い

自己破産で同時廃止になった場合・管財事件になった場合の違い

法律を利用して借金を整理する事を債務整理と言います。
一般的に債務整理と言うと、任意整理と呼ばれる方法で債務を整理していくのですが、返済を行う能力が無い場合には任意整理では債務を整理していくことが出来ません。

この場合は自己破産と呼ばれる債務整理を行う事になるのです。
自己破産を行うためには、最初に裁判所に対し破産の申立てを行う必要が有ります。

自己破産の申立てを行う事で裁判所が許可を下した場合に限り破産の手続きが開始される流れになります。

尚、自己破産の流れは大きく分けて2通りあります。

破産の申立てを行った結果、処分する財産が無いと判断された場合は同時廃止と呼ばれる破産手続きを行う事になります。
もう一つは、破産手続きを行う事で破産管財人が選任され、換価の価値を持つ財産の調査や管理などを行い破産の手続きを行う流れになる2通りがあるのです。

同時廃止の場合は、換価の価値を持つ財産が無いことからも、自己破産の免責確定となります。
一方、換価の価値を持つ財産が有る場合には、破産管財人が財産の調査を行い、債権者に対して分配を行うと言う流れになります。
尚、裁判所が免責を確定する事で自己破産は成立し、全ての債務は免責となるため、借金の返済などが不要になるのです。

但し、自己破産をする事で官報に掲載されることになりますので、免責が確定してから一定の期間内は、クレジットカードを作成したり、借金をする事が出来なくなります。
また、免責が確定するまでの間は職業により制限が設けられると言う特徴も有ります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産で同時廃止になった場合・管財事件になった場合の違い関連ページ