破産宣告の費用はいくら?※弁護士・司法書士に依頼すべき?

破産宣告の費用はいくら?※弁護士・司法書士に依頼すべき?

破産宣告の費用はいくら?※弁護士・司法書士に依頼すべき?

借金が段々と増えてきて、もう返しきれる見込みがなくなってきたという方は、仕事や人間関係に悪影響が出ないうちに早めに専門家に相談しましょう。弁護士でも司法書士でも債務整理を扱う事務所であれば破産宣告の手続きをすることができます。採算の取り立て電話にうんざりしている方でも、専門家に受任通知を出してもらって取り立てをいったん止めることができれば落ち着いた生活を取り戻すことができます。専門家が債権者から何月何日にどのくらい借り、どのくらい返したといういわゆる取引履歴を取り寄せ、依頼者の本当の借金の金額を割り出すことができます。そして高すぎた利息を引き直してもなお返すことができない借金なのであれば思い切って破産宣告の手続きを依頼しましょう。専門家に頼んだ場合、費用は事務所によってもばらつきがありますが、だいたい20万から30万円程度が相場でしょう。ただし、管財事件といって、債務者に配当できる財産があったり債務者に背信的な借り入れ事由があるような場合は、それに管財費用と呼ばれる費用が加算されます。もし管財事件になった場合、少額管財といって、比較的容易な事件であれば20万円ちょっとで済みますが、不動産や高額の財産を配当しなくてはならない場合はさらに費用は高くなります。時間もかかり大変ではありますが、破産宣告により借金は0に戻せますので完全にリセットして人生をやり直したい人にとっては効果的な方法といえます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

破産宣告の費用はいくら?※弁護士・司法書士に依頼すべき?関連ページ